がんの三大療法と光免疫療法

がん治療のスタンダード「三大療法」

一般的に、がん患者さんに対して最初に示される治療法は「手術療法」「放射線治療」「交換剤治療(化学療法)」の3種類であり、これをがんの三大療法または標準治療とも呼んでいます。

三大治療のうち、国内ではこれまで手術ががん治療の中心にありました。しかし近年は放射線治療や抗がん剤治療が目覚ましい進歩を遂げ、がんの種類や進行の度合いにもよりますが、手術と変わらない効果が認められるケースも出てきました。

がん治療にあたっては、さまざまな検査を行ないながら、どの治療法がその患者さんのがんに適しているかを考えていきます。がんの状態や患者さんの希望、社会背景などを考慮して総合的な判断により治療法が提案されます。場合によっては、三大治療のうち2つ以上を組み合わせて治療を行なうこともあり、これを集学的治療といいます。

三大治療の内容や、光免疫療法との関係についてお話しします。

手術療法

手術療法

外科手術によってがんの切除を行なうのが手術療法です。

がんの手術においては、周辺組織やリンパ節に転移があれば可能な限り一緒に切除しますが、がんが転移している可能性がある周囲の正常組織も含めて切除します。早期のがんやある程度進行しているがんでも、切除が可能と判断されれば積極的に手術を行なうことが多くなっています。病巣を一度に取り除くことができること、転移がなければ完治の可能性が高いことが手術療法のメリットですが、その反面、身体にメスを入れることには大きな負担があります。

手術療法は、原則として入院によって行われますが、手術方法やがんの種類、症状、同時に実施する治療内容などによって要する治療期間や費用は大きく変わります。

放射線治療

放射線治療

放射線治療は、がんに放射線を照射してがん細胞内の遺伝子(DNA)にダメージを与え、がん細胞を壊死させる治療法です。治療前に行なう検査方法や照射方法の進歩によって、がんの大きさや位置を正確に把握し、その部分だけに集中的に照射することが可能となり、現在では治療の効果が以前より格段に向上しています。

治療期間はがんの種類や大きさ、部位などによって変わりますが、通常の対外照射の場合は週5回の治療を行ない、それを6週間から8週間続けることが多いようです。費用も患者さんの状態や治療計画の内容で異なりますが、一般的な対外照射であれば、保険適応の3割負担として約25万円から60万円くらいが目安です。

抗がん剤治療

抗がん剤治療

抗がん剤治療とは、その名の通り抗がん剤によってがん細胞を死滅させ、増殖を抑える治療法です。化学療法、薬物療法とも呼ばれ、近年は著しい進歩によって進行がんの患者さんの延命期間を延ばすことに成功しただけではなく、がんの種類によっては根治することもできるようになりました。

特に早期がんに対しては、手術療法や放射線治療と併用することで治療効果を高めることができます。しかし、抗がん剤にはさまざまな副作用がつきものなのは以前から変わっていません。

治療期間は一般的に投薬期間と休養期間が1セット(1クール)になり、それを数週間繰り返すことで1コースとなります。これがどのくらい繰り返されるかは患者さんの症状次第です。

費用も同様に変わってきますので、一概にいくらかかるかを判断することはできません。例えば胃がんの場合でも、1コースで数万円から100万円近くまで大きく開きがあり、それが繰り返されるとそれだけ費用がかさむことになります。

三大療法と光免疫療法の関係

三大療法と光免疫療法を併用することは基本的に可能。むしろ、積極的に併用したほうがいいでしょう。

手術でがんを切除すると、がん細胞を攻撃していた免疫細胞も同時に取り去られることになります。放射線治療ではがん細胞の周辺の免疫細胞も少なからずダメージを受けます。抗がん剤治療も、分子標的薬を除けば正常な細胞に悪影響を及ぼす場合があります。

このように、がん細胞と戦う免疫細胞が取り去られたりダメージを受けたりしてしまっては、がん細胞への攻撃に必要な抗体が体内に残されていたとしても十分な免疫効果は得られません。

光免疫療法はがん細胞だけを選択的に破壊するので、がんの周辺に存在する免疫細胞であってもダメージを与えることはなく、生き残った免疫細胞に抗原を届けることが可能です。つまり、より効果的な免疫反応を得られることが期待できるのです。

Clinic

Clinic

クリニック紹介
クリニック画像

光免疫療法が

受けられる全国の病院

日本で「光免疫療法」を
行っている病院