福岡天神がんクリニック

福岡天神がんクリニックは、「あなたのがんをあきらめない」をモットーにがん遺伝子治療をはじめ、がんの予防やリスク検診などを行なっている自由診療のクリニックです。また、2021年3月からがん光免疫療法による治療も新たに開始しています。

ただ治療を行なうだけでなく、患者さんやご家族の不安に寄り添う心のケアにも力を入れているのが特徴です。がん治療において病気と闘うのは患者さん本人だけでなく、患者さんを支えるご家族も「第2の患者」と呼ばれるほど悩みやストレスを抱えこみがち。

福岡天神がんクリニックでは患者さんやご家族にとって気軽に相談できる身近なパートナーとして医療コーディネーターを配置し、医師と医療コーディネーターによるサポートで不安や悩みを取りこぼさない体制を整えています。

末期がんや難治性がんにも適応可能ながん治療を提供

福岡天神がんクリニックHP 福岡天神がんクリニックHP
(https://tenjin-cc.net/)

福岡天神がんクリニックが行なっているがん治療は「がん遺伝子治療」と「光免疫療法」の2つ。がん遺伝子治療については先進の治療を提供できるように、遺伝子治療を専門に行なうGENEクリニックグループと連携した治療を行なっています。

光免疫療法については2021年3月からの導入のため治療実績豊富とは言えないものの、「がんをあきらめない」をモットーにしたクリニックとして治療の可能性を広げようという熱意が窺えます。

また、光免疫療法はがん遺伝子治療と組み合わせて治療を行なうことも可能。福岡天神がんクリニックでは1人ひとりに合った治療法の提案に取り組んでいるため、光免疫療法とがん遺伝子治療のどちらが良いのか、または複合治療のほうが自分に合っているのかを医師に相談したうえで適した治療を開始できます。

福岡天神がんクリニックの光免疫療法について

光免疫療法

  • 治療費用:1回220,000円
  • 検査費用:1回110,000円
  • 治療の期間(1クールの回数):6回

福岡天神がんクリニックで行われている光免疫療法は、レーザー光を使ってがん細胞のみを直接攻撃・破壊する治療法です。

光免疫療法では、まず光感作物質と呼ばれる特定の光に反応する物質をがん細胞に投与します。そこにレーザー光を照射することで光に反応した光感作物質が活性酸素を発生させ、がん細胞を破壊。その後、周辺に飛び散ったがん細胞の破片を免疫細胞が認識することで、がんへの攻撃を開始します。

免疫細胞の攻撃は散らばった破片だけでなく、レーザー光を照射した組織から離れた位置にある同種のがん細胞にも行われるため、転移がんにも有効な治療とされています。また、最初に投与する光感作物質はがん細胞の血管壁のみを通る大きさに加工されており、正常細胞を傷つけないので、副作用のリスクがきわめて少ないのが特徴です。そのため、体力が少ない末期がんの患者さんにも治療を行なえます。

考えられるリスクや副作用 

点滴の際に針を刺した後の止血が不十分だった場合などで、あざや内出血ができることがあります。ただし、この副作用は光免疫療法に限らず、一般的な採血や注射、点滴でも同様です。

また、点滴により神経損傷があった場合、腕や手に痛みやしびれなどの合併症が起きるケースもあり。点滴による神経損傷の起こる頻度は、約1万~10万回に1回程度とされています。そのほかの副作用としては、まれにアレルギー反応によって強い寒気(悪寒戦慄)を感じることがあります。

光免疫療法はすべてのがんの根治につながるものではありません。

福岡天神がんクリニック光免疫療法以外のがん治療

がん遺伝子治療

  • 治療費用:1,870,000円
  • 検査費用:1,210,000円
  • 治療の期間(1クールの回数):11回

福岡天神がんクリニックで行われているがん遺伝子治療は、細胞のがん化を抑制する働きを持った「がん抑制遺伝子」を点滴などでがん細胞の中に送り込むことで細胞分裂のサイクルを正常化させる治療法です。

がん抑制遺伝子はもともと私たちの体内に存在するものですが、がんになるとほとんどのがん組織でがん抑制遺伝子の機能が低下してしまいます。がん抑制機能を回復するためには、正常に働くがん抑制遺伝子を体外からがん細胞へ導入する必要があります。そうすることで本来の機能が回復し、がんと闘う力を取り戻すのががん遺伝子治療の目的です。

福岡天神がんクリニックでは、患者さんのがんの種類や状態に合わせて複数の遺伝子を組み合わせるテーラーメード型治療を提案しています。末期がんから難治性がんまで幅広いがんへの適応が可能となっており、時期を問わずに効果を期待できるのが特徴。抗がん剤治療や放射線治療との併用治療により相乗効果を期待でき、さらに抗がん剤や放射線の量が減ることで副作用を軽減できる可能性があります。

考えられるリスクや副作用

福岡天神がんクリニックの公式HPには、がん遺伝子治療のリスクや副作用についての記載はありませんでした。

福岡天神がんクリニックではインフォームドコンセントを徹底しており、診療の目的や内容などを十分に説明し、患者さんの同意を得られたうえで治療を開始しています。治療に関する疑問や不安に対しても納得するまで説明してもらえる体制が整っているため、初診・初回相談で治療のリスクや副作用についてしっかりと確認しておきましょう。

医師にどう質問すればいいのか分からない、リスクや副作用について聞きづらい、といった場合は、医療コーディネーターが医師との橋渡し役となって患者さんが安心して治療を受けられるようにサポートしています。患者さんやご家族にとっての安心を第一としたクリニックづくりに医師・スタッフ全体で取り組んでいるため、リスクや副作用についての不安を抱えたまま治療が進んでしまう心配はなさそうです。

がん遺伝子治療は、すべてのがんの根治につながるものではありません。

代表的な医師:村上卓夫先生 

福岡天神がんクリニックの院長を務める村上医師は、山口大学医学部医学科を卒業後、八幡浜市立総合病院や山口大学医学部附属病院で外科医としての研さんを積んだ経歴の持ち主。また、岩国市医療センター医師会病院の院長や関門医療センターの副院長に就任したことがあるほか、現在は福岡徳洲会病院において外科顧問を務めており、責任のある役職を多く任されてきた実績があります。

院長を務める福岡天神がんクリニックでは安心して受診できる環境づくりに取り組んでおり、医療コーディネーターによる無料相談やセカンドオピニオンの相談を実施。患者さん本人はもちろん、患者さんのがん治療に寄り添うご家族や知人の方の相談にも対応しています。

1人でも多くの方にがんについて知ってもらいたいという思いで治療にあたっており、クリニックの公式HP上でもがんについての基礎知識や治療法などの情報を掲載。医療コーディネーターによる相談体制やがんに関する情報の発信を通して、患者さんやご家族のがん治療に対する不安解消に務めている医師です。

福岡天神がんクリニックの基本情報 

  • 住所:福岡県福岡市中央区大名2-6-39 7F
  • アクセス:地下鉄空港線「赤坂駅」より徒歩1分
  • 診療時間:10時~19時
  • 休診日:土曜・日曜・祝日
  • 電話番号:0120-760-077

福岡天神がんクリニックは福岡の中心である天神のすぐ近くにあり、最寄りの赤坂駅から徒歩1分、天神駅からは徒歩5分と通いやすい立地にあるクリニックです。患者さんはクリニックのある福岡からはもちろん、隣接する佐賀や大分、熊本、さらには長崎や宮崎、鹿児島、山口方面から新幹線や飛行機を利用して来院する方も多いとのこと。

患者さん1人ひとりに寄り添ったきめ細やかな個別医療を行なえるように、福岡天神がんクリニックではがん遺伝子治療を専門とする医療コーディネーターが在籍し、患者さんやご家族の無料相談にあたっています。また、治療やカンファレンスはプライバシーに配慮した完全個室で対応。十分に時間をかけながら、患者さんの悩みや不安に寄り添った治療を提案しています。

Clinic

Clinic

クリニック紹介
クリニック画像

光免疫療法が

受けられる全国の病院

日本で「光免疫療法」を
行っている病院