セレンクリニック名古屋

2011年に開設されたセレンクリニック名古屋。院長は開業前から長年にわたって外科手術や抗がん剤、免疫療法を手がけてきました。2019年3月、院長自身が自分のがんを発見。それ以来、医師としての価値観と人生が大きく変わったといいます。

さまざまな治療を乗り越えて自身のがんを沈静化させた今、その経験が少しでも患者さんの選択に役立つことを願い、日々多くのがん患者さんに向き合っています。

クリニックで実施しているがん治療は保険適応外のため、治療費は全額自己負担となります。がんのステージや全身状態によって費用や治療期間、副作用なども変わってくるため、まずは医師に相談してみることをおすすめします。

さまざまながん治療の併用を積極的に実施

セレンクリニック名古屋HP セレンクリニック名古屋HP
(http://nagoya.serenclinic.or.jp/)

セレンクリニック名古屋では、大阪大学の特許技術である「新WT1ペプチド」を2019年に導入。この技術を用いた樹状細胞ワクチン療法を受けられるのは、東海地方では唯一セレンクリニック名古屋だけです。また、免疫チェックポイント阻害薬オプジーボとの併用治療をはじめとする「複合免疫治療」も積極的に実施しています。

さらに大学病院や総合病院との連携によって、ピンポイントの放射線治療やがんカテーテル塞栓治療と免疫療法の併用も実施。がんを局所的に攻撃しながら免疫を強化するという「あきらめないがん治療」を実践しています。

満を持して2020年8月に光免疫療法が導入されました。こちらも東海地方では初めてです。

セレンクリニック名古屋の光免疫療法について

光がん免疫療法

  • 治療費用:1回300,000円、6回1,800,000円
  • 検査費用:要問い合わせ
  • 治療の期間(1クールの回数):要問い合わせ

光によるがん細胞の破壊と、がん細胞に対する免疫強化というダブルの効果が期待できる新しいがん治療法です。

同クリニックの光がん免疫治療では、医療レーザー機器「MLDS(マルチレーザーデリバリーシステム)」を使用します。身体の外部からだけではなく、0.5ミリのファイバーを用いて静脈血管内から光を照射することも可能で、がんの周辺に多方向から集中的にレーザーをあてられます。

使用する薬剤は、リポソーム加工を施した光感作物質です。光感作物質は色素の一種で、レーザー光をあてることでエネルギーを放出し、酸化反応を起こします。これを脂質の膜に包み、100ナノメートルというごく小さなサイズに加工することをリポソーム化といいます。点滴で静脈内に投与すると、がん新生血管の粗い隙間からこぼれ落ちてがん細胞にのみ蓄積されます(EPR効果)。

そこにレーザー光を照射すると、蓄積した光感作物質が反応してエネルギーを放出。酸化反応が起こると周辺の酸素が過酸化物質に変わり、それに取り囲まれたがん細胞が破壊されるというのがこの治療のメカニズムです。正常な細胞は過酸化物質を解毒できるので影響を受けることはなく、したがって大きな副作用もないと考えられています。

考えられるリスクや副作用

光感作物質は点滴で投与するため、まれに皮下血腫や神経損傷などを起こすことがあります。また、治療後に身体がガタガタ震えるような病的な寒気(悪寒戦慄)がみられる場合があります。

光免疫療法はすべてのがんの根治につながるものではありません。

セレンクリニック名古屋光免疫療法以外のがん治療

樹状細胞ワクチン療法

  • 治療費用:2,000,000~2,300,000円(成分採血・ワクチン作成費を含む)
  • 人工抗原費用:100,000~160,000万円
  • 治療の期間(1クールの回数):約3~4ヶ月(5~7回)

セレンクリニック名古屋で行なわれている樹状細胞ワクチン療法とは、もともと私たちの体内の存在する免疫細胞の1つ「樹状細胞」を用いた治療法です。樹状細胞は枝のような突起を持っているのが特徴で、身体の中のがん細胞の目印となる抗原を最初に認識し、その情報を同じ免疫細胞のリンパ球に伝えてがん細胞への攻撃を命令する司令塔のような役割を担っています。

樹状細胞ワクチン療法では患者さんの血液から取り出した細胞を樹状細胞へと育て、人工抗原やがん組織などを与えてがんの目印をあらかじめ認識させたあとで、ワクチンとして再び体内に投与。その結果、樹状細胞の働きにより、リンパ球が身体のなかを隅々まで巡ってがん細胞のみを攻撃する仕組みとなっています。

セレンクリニック名古屋で使われる人工抗原は、アメリカのがん研究関連雑誌である「クリニカルキャンサーリサーチ」で最も優れたがん抗原と評価されたWT1の一部の「WT1ペプチド」です。WT1ペプチドを使った樹状細胞ワクチン療法は、樹状細胞ワクチンの研究開発企業のテラ株式会社が独占実施権を所有しており、愛知県内でWT1ペプチドを使った樹状細胞ワクチン療法を受けられるのはセレンクリニック名古屋のみとなっています。

BRM(免疫機能補助)療法

BRM療法とは、体の中の免疫のはたらきを整える治療の総称です。BRM療法単独での有効性は明確に示されていませんが、樹状細胞ワクチン療法と並行して取り入れることにより、ワクチンの効果をより発揮しやすくする効果が期待できます。

BRM療法はすべてのがん治療と併用することが可能ですが、セレンクリニック名古屋では樹上細胞ワクチン療法を受ける患者さんのみを対象として実施しています。また、使用する薬剤に対してアレルギーがある場合は、BRM療法を受けることができません。

考えられるリスクや副作用

患者さん自身の免疫細胞を使う樹状細胞ワクチン療法は抗がん剤治療と比べて副作用の心配が少ないとされており、これまで行なわれた6,000件以上の症例実績においても重篤な副作用は報告されていません。

ただし、ワクチンを注射で投与する際に痛みが多少あり、さらに体内の免疫反応により注射した部位に一時的な赤みやかゆみがあらわれたり、身体全体が発熱したりする場合があります。樹状細胞ワクチン療法は免疫の活性化を目的としているため、免疫反応による副作用は効果につながるために必要かつ重要な反応だと考えられています。

また、樹状細胞ワクチンを作成するには血液から樹状細胞の元となる細胞を成分採血で取り出す必要があり、その際に口のまわりや手足にしびれなどが起こるケースも。これらの症状は血液を固まりにくくする薬による血中カルシウムの低下が原因のため、カルシウムを補給することで症状が改善します。

樹状細胞ワクチン療法は、すべてのがんの根治につながるものではありません。

活性化リンパ球療法

  • 治療費用:要問い合わせ
  • 検査費用:要問い合わせ
  • 治療の期間(1クールの回数):要問い合わせ

実際にがんを攻撃するリンパ球の数が少ない場合などに、体外でリンパ球を培養して大幅に増やし、体内に戻す治療法です。手術や抗がん剤、放射線治療、緩和医療などほぼすべてのがん治療と併用することができますが、とくに前述の樹状細胞ワクチン療法と併用することでがん細胞への攻撃力を高めることが期待できます。

考えられるリスクや副作用

注射の際に皮下血腫や神経損傷などの合併症がまれに起こることがあります。

また、すべてのがんの根治につながるものではありません。

NK細胞療法

  • 治療費用:要問い合わせ
  • 検査費用:要問い合わせ
  • 治療の期間(1クールの回数):要問い合わせ

NK細胞はがん細胞を攻撃するリンパ球の一種で、異常な細胞を発見するとただちに攻撃するという特徴を持っています。このNK細胞を患者さんの血液から取り出して培養し、攻撃力を高めてから体内に戻すのがNK細胞療法です。

前述の樹状細胞はがん細胞だけを攻撃するリンパ球を誘導しますが、がん細胞はその攻撃から逃れるために目印を隠すことがあります。NK細胞はそのようながん細胞でも攻撃できるため、樹状細胞ワクチン療法とNK細胞療法を併用することでより高いがん細胞への攻撃力を期待できます。

考えられるリスクや副作用

患者さん自身の血液から取り出したNK細胞を用いるため、アレルギー反応などの副作用は少ないと考えられます。しかし、投与後の発熱や、注射の際に皮下血腫や神経損傷などの合併症がまれに起こることがあります。

また、すべてのがんの根治につながるものではありません。

セレンクリニック名古屋での治療の流れ

ここでは、セレンクリニック名古屋で樹状細胞ワクチン療法を受ける際の具体的な流れを紹介します。

1.相談

樹状細胞ワクチン療法についての詳細な説明を受けるとともに、病状に合わせた最適な治療方針について相談します。なお、この医療相談は完全予約制です。

2.検査

血液検査や画像検査を行い、樹状細胞ワクチン療法を受けられるかどうかを判断します。検査の結果が出るまでには、およそ1週間の時間がかかります。

3.成分採血

白血球の一種であり、樹状細胞のもととなる「単球」を取り出すための採血です。およそ3時間かけて採血した血液の中から必要な成分だけを取り出し、それ以外の成分は患者さんの体内へと戻します。

4.ワクチン作成

成分採血で取り出した単球をクリーンルームで培養し、樹状細胞に育てます。さらに、がんの組織や人工抗原を与えることで、樹状細胞に攻撃するべきがんの特徴を認識させ、ワクチンとして完成させます。ワクチンの作成には、品質検査も含めておよそ3週間の時間がかかります。

5.ワクチンの投与

出来上がった樹状細胞ワクチンを、2週間に1回のペースで注射します。3~4ヶ月かけて5~7回の注射を行い、1セットの治療とします。なお、局所樹状細胞ワクチン療法の場合は、注射の回数が4~7回となります。

6.評価

1セットの治療が完了したら、血液検査や画像検査などを行い、治療の効果を評価します。また、その結果をもとに、医師と患者さんとの間で今後の治療方針について相談します。

代表的な医師:小林正学先生

トヨタ記念病院や名古屋市立西武医療センター城北病院での勤務を経て、セレンクリニック名古屋の院長に就任した小林先生。およそ18年間に渡ってがんの手術や免疫治療などに携わってきた、経験豊富な先生です。

そんな小林先生は、2019年に自分で自分のがんを発見したがん患者でもあります。医師としてはもちろん、病と闘う当事者としての視点からも、患者さんの心身に寄り添ってくれるでしょう。

小林先生の診療におけるモットーは、患者さんが最後まで幸せな人生を送るためのサポートをすること。名古屋市立大学放射線科や名古屋徳洲会総合病院とも連携し、標準治療にあらゆる補完代替治療を組み合わせた「最善の統合腫瘍治療」を提供することを目指しています。

2019年には、樹状細胞ワクチン療法において大阪大学の特許技術である「新WT1ペプチド」をいち早く導入。さらに2020年8月には、東海地方で初めて自由診療の光免疫療法の提供を開始しました。また、免疫細胞のがんへの攻撃を助ける免疫チェックポイント阻害薬と樹状細胞ワクチン療法を併用した複合免疫治療も積極的に実施し、良好な治療成績をあげています。

補完代替医療を含めたあらゆる治療法にアンテナを張り、がん治療の先端を行く小林先生。ひとりでも多くの患者さんの幸福に貢献するべく、「あきらめないがん治療」を提示・実践してくれる先生です。

セレンクリニック名古屋の基本情報

  • 住所:愛知県名古屋市中区栄四丁目14-2 久屋パークビル2F
  • アクセス:名古屋市営地下鉄東山線・名城線「栄駅」より徒歩1分
  • 診療時間:10時~17時
  • 休診日:日曜・祝日・第2、4、5土曜日
  • 電話番号:052-238-3525

セレンクリニック名古屋は、先進的ながん治療専門クリニックとして、東京大学や大阪大学などで開発された免疫療法の技術を積極的に導入しています。

手術や抗がん剤、放射線治療といった標準治療にプラスアルファで効果を高める新しい治療法、それがセレンクリニック名古屋における免疫療法の考え方です。免疫療法が自身に合うのか、自身と似たがん患者さんの治療効果はどうなのか、何でも気軽に相談できるのもセレンクリニック名古屋の特徴です。

Clinic

Clinic

クリニック紹介
クリニック画像

光免疫療法が

受けられる全国の病院

日本で「光免疫療法」を
行っている病院